fbpx

Piešťany Gulls、疲労回復用に独自のクライオサウナを使用

heading-underline

Cryo ホーム » カテゴリーなし » Piešťany Gulls、疲労回復用に独自のクライオサウナを使用
Piešťany Gulls、疲労回復用に独自のクライオサウナを使用

Piešťany Gullsはスロバキアの主要スポーツチームの一つです。このチームは独自のクライオサウナを使って選手たちを回復させています。9月からクラブはCryomed社と提携し、同社がクライオサウナをPiešťanyチームに納品しました。

Piešťany Gullsバスケットボールチームは選手たちのために可能な限り最高の施設を作り、長期間にわたってチームをサポートしようとしています。激しい試合やトレーニングプログラムにおいて、同チームは回復の質に注目しようとしています。その結果、チームの経営陣はCryomedが提供する独自のCryomedミニクライオサウナへの投資を決めました。「当クラブは最も専門的な要件を設定しようとしており、選手の疲労回復を優先事項としています。我々は近年、他の事業者のサービスを利用してきたため、クライオセラピー凍結療法に関しては肯定的な経験しかありません。我々がディプロマットアリーナに直接独自のクライオサウナを導入する機会を得たとき、何も迷うことはありませんでした。このステップが非常に有益であることを確信しているからです。」とGullsの総監督、Bronislava Borovičkováは述べました。

同様に、Piešťany Gullsの理学療法士であるMichal Nagajは、ディプロマットアリーナへの疲労回復プログラムの追加を前向きな一歩として捉えています。「理学療法士の観点から見ると、自分たちのアリーナでいつでもクライオサウナを使って直接作業できるというのは実に素晴らしいことです。たとえば、選手たちが試合やトレーニングを一通り終えて疲労が蓄積している場合により適切に対処できることが利点として挙げられます。私と主任コーチが協力できることが大きなメリットだと考えています。我々はクライオセラピーの適用タイミングについて常に明確なルールを定めており、これによってこの種の治療効果を全体的に高めています。」とMichal Nagajは述べました。

また、同氏は特にクライオセラピーの効果について「クライオセラピーは治療セッションの直後から再生プロセスを開始する多くの反応を体内に引き起こします。これらのプロセスは全体的な疲労を軽減し、たとえば数時間にわたって筋肉の回復を助け、怪我を予防しやすくします。それによって、選手たちはプロスポーツで必要とされる完全な力を再び取り戻すことができるのです。」と述べました。

実際のクライオセラピーとは

全身クライオセラピー(冷気を意味するギリシャ語のkryosとセラピーの合成語)は、身体を極低温(-110℃〜-190℃)に1〜3分さらすことを基本とした技術です。

クライオセラピーは自然な生体防御機能を活性化することを基本としているため、まったく安全です。身体を短期間冷気にさらしても体内温度には影響しません。冷却には液体窒素が使用されますが、私たちが呼吸する空気の3/4は窒素で構成されているため、治療はまったく安全で環境に優しいものです。

1回の治療には最大3分かかります。クライオセラピーは同時に複数の問題を解決するため、身体は複数のレベルで治癒プロセスを開始することができます。