クライオセラピーの肌へのメリットとは

heading-underline

Cryo ホーム » カテゴリーなし » クライオセラピーの肌へのメリットとは
クライオセラピーの肌へのメリットとは

クライオセラピーを選ぶ理由

皮膚は温度、特に寒さには非常に敏感です。クライオセラピーは特定皮膚疾患の治療や皮膚の再活性化に推奨されています。

一般的に寒さと乾燥肌には関係があります。実際、冬には多くの女性が水分補給用の化粧品を使用しています。しかし、寒さは決して皮膚に有害なものではありません。実際、それは逆なのです。それは表皮に作用することで、毛穴を目立たなくし、血液の流れを良くし、肌の発色を改善します。純粋に審美的な観点から見ても、クライオセラピーは皮膚科的疾患の治療および痛みや刺激の緩和に優れた効果を発揮します。全身クライオセラピーと局所クライオセラピーのいずれも皮膚疾患の治療に優れた効果を発揮するだけでなく、肌を若返らせ、ツルツルにして発色を良くする効果があります。

クライオセラピーを皮膚科学的治療として使用する理由

クライオセラピーは湿疹、乾癬、にきびなどの皮膚疾患に驚くほど効果的な治療法です。寒さは発疹を防ぎ、刺激を和らげ、皮膚の影響部位を目に見えて減少させます。そのため、クライオセラピーは湿疹などの皮膚疾患を対象とした多くの皮膚科学的治療の中でも特に価値があると考えられています。

全身クライオセラピーによる湿疹の治療

湿疹は皮膚の炎症を特徴とする掻痒性皮膚炎です。非常に若い頃にこの疾患に悩まされた人は、何年も後になって成人してから湿疹が再び経験することもしばしばです。湿疹は皮膚の特定の部分に集中して現れることがあります。しかし、湿疹を発症した人の中には、体の他の部位に症状が転移する人もいます。発症しやすい部位は関節(肘や膝の後ろ)ですが、発疹は体の他の部分にも容易に転移する場合があります。皮膚科では、湿疹の診察が全診察件数の30%を占めています。この症状にお悩みの方は、全身クライオセラピーセッションを含む治療を試みることができます。クライオセラピー室に入った後、寒さによってすぐに皮膚の炎症が和らぎ、その後まもなく赤い染みが消え始めます。

全身クライオセラピーによる乾癬の治療

乾癬は湿疹と同様に、紅斑や扁平上皮病変を特徴とする非伝染性皮膚疾患です。乾癬には様々な形態があり、重症度は人によって異なります。この症状は、皮膚の表面に実際に死んだ細胞が蓄積した鱗屑が形成されることが特徴です。乾癬性局面は一般的には肘、膝、背中のくぼみ、頭皮および爪に発現します。

全身クライオセラピーは鱗屑の形成部位を減少させます。あまり刺激が強くないため、患者はすぐに安らぎを覚えます。全身クライオセラピーは頭皮の乾癬には効果がありません。頭部はクライオセラピー室の外にあるためです。このシナリオでは、局所クライオセラピー機器を使用する必要があります。その場合、オペレータは患部に-170°の窒素を噴霧することで頭皮を治療できます。

全身クライオセラピーによるにきび治療

全身クライオセラピーによるにきび治療

にきびは思春期と非常に密接に関わっています。思春期には若者のホルモンバランスの崩れが顔の染みとして発現する時期です。しかし、最も重傷なケースでは、成人してからもにきびが継続して発現する場合があります。医薬品市場にはさまざまなにきび治療法があふれていますが、局所クライオセラピーを併用することも可能です。皮膚に窒素を噴霧すると、にきびの発生を抑えて染みを消すことができます。

クライオセラピーは新しい美容療法となるか

皮膚疾患に対する効能に加えて、クライオセラピーは主な美容療法になりつつあります。実際、寒さは皮膚に有益なものです。皮膚を若返らせ、老化症状に対処することができます。寒さにさらされると、私たちの代謝系はさまざまな形で反応を示します。また、それによって私たちの皮膚の反応に影響が現れます。同様に、全身クライオセラピー室に入ると皮膚が震え、毛穴が引き締まり、皮下血管の微小循環が促進されます。すぐに皮膚は引き締まり、ツルツルになります。

What are the benefits of cryotherapy for skin?

クライオセラピーをアンチエイジング療法に利用するには

局所クライオセラピーは、全身クライオセラピーと同じ原理で動作する装置です。装置はパイプを通して窒素を噴霧します。オペレータはハンドルを使用して窒素を所望の部位に向けます。この特殊なケースでは凍結皮膚治療を用い、寒さによって肌を若返らせて、さらには発色を改善し、シワを消し、傷や軽い炎症を消すフェイシャルケアトリートメントを行います。

凍結皮膚治療では、顔と首に窒素が噴霧されます。10~20分のセッションでは冷気が微少循環を促進し、皮膚の質や外観に直接作用します。また、凍結皮膚治療は皮膚内でのコラーゲンの自動生成を促進します。タンパク質は皮膚のハリを維持するほか、シワの深さを目に見える程度に減らすためにも必要不可欠なものです。そのため、わずか1回の治療セッションで肌が目に見えて若返り、老化症状が軽減されるのです。凍結皮膚治療は実際には傷を消し、皮膚の透明度を回復することで肌の発色を改善します。このスキンケア治療は完全に無痛で、化学物質は一切使用しません。

また、凍結皮膚治療は疲労の痕跡や組織の充血を緩和するのにも効果的です。この治療は目のくまや腫れた組織を除去し、皮膚の輝きを保つのに役立ちます。睡眠不足やストレスはしばしば疲労線の原因となります。凍結皮膚治療はストレスや疲労によって残された痕跡を抑制するスキンケア治療です。

この記事は役に立ちましたか?

ぜひ他の人にもシェアしてください!