fbpx

安全第一

heading-underline

Cryo ホーム » News » 安全第一
安全第一

近年、クライオセラピーは絶大な人気を得ています。 クライオサウナ、クライオキャビン、クライオルームその他のクライオセラピー装置は世界中のほぼすべての国で利用されています。まず、自分の能力を最大限発揮できるようにするために、最高の体調を維持する必要のあるアスリートたちが使用しています。スポーツ専門家が大会の準備や重労働後の回復、怪我をした後の迅速な回復などのプログラムを開発して以来、非常に時間が経ちました。

他の多くの技術と同様に、クライオセラピーはスポーツ分野から日常生活にもたらされたものです。現在、人体に対する低温度の有益な効果について聞いたことのない人を見つけることは困難です。一般の人が利用できるクライオサウナは年々増加しており、クライオセラピーは珍しいものではなくなってきました。それは、治療や美容目的のために広く利用されているのです。

しかし、一般の人が利用できるということは、すでにこの技術を使用しているすべての人に対して責任を負わなければならないということです。Cryomed社は世界最大のクライオサウナ(クライオセラピーキャビン)の製造メーカーの一つであり、お客様に高品質で安全に使用いただける製品を提供することがいかに重要であるかを理解しています。

クライオセラピーは常用しても安全でしょうか?弊社は革新的な安全システム(事故防止システム)を開発し、それをクライオセラピー装置市場で初めて実装した会社の一つです。これは、キャビン内の人体検知センサー、ドア開放センサー、セッション緊急停止ボタン、換気装置で構成されています。今までどの競合企業も、そのようなシステムを使用していません。

超音波センサーはキャビン内の利用者の位置を管理し、オペレータがリフトの階段を目的の高さまで上げない限り、または人が窒素蒸気を吸い込む可能性がある場合は施術を開始しません。施術中に何らかの異常が発生した場合、クライオセーフ機構が即座にセッションを停止し、患者の安全を確保するために換気を行います。キャビンのドアが偶然開かれた場合は別のセンサーが施術を停止し、過剰な窒素蒸気が施設に入るのを防ぎます。

弊社はこのようにクライオセラピーセッション中のオペレータの誤操作の可能性を最小化し、クライオセラピーの安全手順を新たなレベルまで高めています。